ネットビジネスの確定申告は【私は】する必要がある?税金対策とは!

zeikin1

ネット社会が広がりを見せる中、ネットを仕事とする

「ネットビジネス」で生計を立てている方も多くなってきました。

気軽に始められて、どこでも仕事が出来る、夢のような仕事です。

しかし!気軽に始められるからこそ、税金対策を怠っている方も多く居ます…

あなたは、ネットビジネス確定申告いくらからかご存知ですか?

ネットビジネスをこれから始めたい方、既に始めている方へ

見落としがちですが、とても重要税金対策について紹介します!

今は収入が0円だったとしても・・・

今後税金対策が必要になってくる方は登録しておくことをお勧めします^-^

無料メルマガ登録

確定申告

確定申告とは…?

毎年1月1日~12月31日までに得た、すべての所得を計算・申告・納税する手続きの事を言います。

  • 源泉徴収という形で、税金を徴収されている場合
  • 予定納税という形で、税金を前払いしている場合

⇒税金を計算し、払った税金との精算の手続きという意味合いもあります。

確定申告が必要な人は…?

確定申告が必要な人は個人事業主だけだと思っていませんか…?

確かに、個人事業主の方は、確定申告が必要となります。

しかし!サラリーマン(給与所得者)であっても確定申告が必要な場合も沢山あります!

有職者

(副業でネットビジネスを行っている方)

アルバイト・パート・サラリーマン

無職者

(ネットビジネス以外仕事をしていない方)

主婦・学生・無職

年間20万円以上の所得

年間38万円以上の所得

  • 有職者:年間20万円以上の副収入で、所得税が発生
    ⇒月平均1万5千円程の収入がある方
  • 無職者⇒年間38万円以上の収入で、所得税が発生
    ⇒月平均3万1千円程の収入がある方

ネットビジネスの場合は…?

当然「ネットビジネス」での利益は所得に含まれます!

あなたが有職者無職者かの違いだけです。

しかし、あなたがネットビジネスで得た利益が、一口に所得と言うわけではありません!

所得とは…?

所得=利益-仕入れ-必要経費

上記の所得の考え方を見ると分かるように…

「ネットビジネス」を行う為に掛かった必要経費を「ネットビジネス」で得た利益から差し引いた金額が所得となります!

  1. あなたがネットビジネスから得る、利益はいくらですか?
  2. あなたがネットビジネスする為の、必要経費はいくらですか?
  3. あなたがネットビジネスから得る、所得はいくらですか?

この3つを、きちんと明白にしておく事が、確定申告や税金対策には重要になります!

重要な税金対策

確定申告を行っていないと、後から元々の納税金額よりも多くの税金を納める羽目になります!(追徴課税)

そうならない為にも、バレないだろう等と言う気持ちは捨て、確定申告は1円でも確実に行いましょう!

しかし!誰だって、頑張って稼いだ利益のほとんどを、税金として取られてしまうのは、嫌なものです…^^;

確定申告を行う時に納める税金を安くする方法があります!

納税を安くする方法

  1. 「売上(利益)」を減らす
  2. 「必要経費」を増やす

税金は売上に対して掛かるものです。収める税金を減らすには上記の2つを行う事で、納税額を安くする事が出来ます!

しかし、わざわざ今ある売上を、減らすなんてする人は、ほとんど居ないのではないでしょうか…?

と言う事は、2つ目の「必要経費」を増やす方法を行うのが1番現実的で、かつおすすめです!

税金対策を行う上で重要なのは、あなたの「必要経費」を見極める事にあります!

必要経費って…?

必要経費を計上するにあたっての条件は…

「あなたがやっている仕事や事業に関係あるかどうか」

計上した必要経費があなたのネットビジネスに関係あるかどうかは、重要なポイントとなります!

しかし、その人によって必要経費は違ってくるので、決まった項目はありません。

ネットビジネスでの経費

  • サーバー代
  • ドメイン代
  • インターネット代
  • ビジネス関連セミナー参加費
  • ビジネス関連の塾費
  • ツール購入費
  • ツール月額料金
  • 記事作成の外注費
  • 仕事用のパソコン代
  • 打合せ時の飲食代
  • 懇親会などの飲食代
  • ポケットWi-Fi代
  • ビジネス関連の交通費
  • PC関連機器(カメラ・マイク・デスク・ケーブル)

例を上げていくとキリがないのですが、上記のような費用は

ネットビジネス者にとっての必要経費なので、計上出来るでしょう!

経費に計上出来るのか迷った時は…

「あなたの事業に関係があれば大丈夫!それは経費です!」

これは経費…?

  • あなたは、ヘアサロンに行きました。

あなたの運営しているヘアサロン関連のサイトで

利用したヘアサロンのレビューの為に利用したのであれば、経費となります!

ヘアサロン関連サイトを運営しておらず

自分のお洒落の為にヘアサロンへ行った場合は経費として認められません。

これは、一般的に考えても当たり前の事ですね?

悩む費用

美容機器・ネイル・マツエク・ジム・マッサージ・娯楽など…

⇒あなたのネットビジネスに関係無い場合は、経費と呼べません!

  • あなたは、事務所兼自宅の家賃を払っています。

全額経費になる事は、基本的に無い!

使用している割合が重要で、事務所兼自宅の建物の内

どの部分を事務所として使っているのかをはっきりさせる必要があります。

建物の半分を事務所として使用しているのであれば、家賃の50%を経費として計上します。

  • 携帯電話代金
  • 自動車購入代金

この2つの項目にも、同じ事が言えます。
⇒使用する割合を明確に出来るかで、経費になるかならないか決まります。

  • あなたは、ブログのサーバーを払っています。
  • アドセンスを貼っていない、収益が発生しないブログ
    ⇒サーバー代は経費と認められない
  • アドセンスを貼って、収益が発生するブログ
    ⇒サーバー代は経費
  • あなたは、カフェでランチをしました。
  • 友達とカフェでランチしながらお喋り
    ⇒ランチ代・交通費は経費と認められない
  • 友達とカフェでランチをしながらアフィリエイトのコンサルをする
    ⇒ランチ代・交通費は経費
    友達がアフィリエイトで稼いだ場合

一口に「必要経費」と言っても、様々な状況や事柄が絡み合ってくるので

最初は「必要経費」を判断するのが、なかなか難しいかもしれません。

また「必要経費」には…

  1. 「ホワイト」
  2. 「グレー」
  3. 「ブラック」

この3種類のゾーンが存在します。

「ブラック」に行く事なく「グレー」を見分ける事が、最大の節税対策となります!

故意に「ブラックゾーン」の経費を計上する事は、絶対に辞めましょう!

3ヶ月に1度!
  • 利益を集計しましょう!
  • 経費を集計しましょう!
  • 所得を集計しましょう!

まとめ

いかがでしたか?ネットビジネスの税金について少しは鮮明になりましたか?

●確定申告が必要な金額は…

  • 有職者年間20万円以上の所得のある方
  • 無職者年間38万円以上の所得のある方

●年間所得を出すには…

  • 所得=利益-仕入れ-必要経費

●税金対策で重要な事、それは…

  1. 「利益・経費・所得」を明白にする!
  2. 「経費」を上手に利用しよう!
  3. 「経費」のゾーン線引きが出来るようになろう!

確定申告が迫って来て、所得・経費・利益をまとめて1年分集計するのは大変な事。

税理士さんに依頼するならまだしも…自分自身で確定申告する予定の方は

3ヶ月に1度「所得・経費・利益」の仮集計を行う事をおススメします^^

ネットビジネスで利益を得るのは、とても嬉しい事ですが、確定申告も忘れずに行いましょうね!
今後のために無料メルマガ登録

 

こちらの記事もよく読まれています

コメントを残す